クレジットカードの現金化!偽装質屋に注意するべし。

近年、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法がインターネット上で多数紹介されています。しかし、これらの現金化業者には違法性を指摘されている業者も少なく無く、古物営業法、貸金業法、そして質屋営業法違反が指摘され、摘発されるケースもあります。特に、インターネットサイトで、全く価値の無い商品を購入し、現金に還元する違法業者もあり、過去には詐欺行為で検挙もされています。

利用前に注意することは実質金利である!

先ず、クレジットカードの現金化については利用しないことが重要ですが、やむ負えず利用する場合は金利に注意が必要です。特に、クレジットカードの現金化については実質的に貸金業者と見做されており、世間では『みなし貸金業者』とされています。つまり、適用される金利は最大上限20%以下であることが重要であり、これを超える場合は違法性があると言えます。
ただし、偽装質屋についてはこの金利を遥かに超える109.5%を適用してきます。ただし、この金利は質屋営業法で認められる範囲のものであり、利息制限法との間に於けるグレーゾーンです。しかし、現在ではこの金利が違法と認識されているため、明らかに高利貸しと呼ばれるものは注意が必要です。

訳の分からない商品は完全にアウト!

さて、クレジットカードの現金化において、商品の購入および転売ならまだしも、全く訳の分からない商品を購入させられ、現金が振り込まれることがあります。この場合、実態のない商品を購入させられているため、明らかに詐欺行為です。先ず、重要なことは手元に商品が届いているかどうかであり、例え家電製品などの高額商品でも直接販売者と現金化業者が対応する場合は詐欺の危険性があります。

クレジットカードの現金化行為について

基本的には、クレジットカードの現金化行為については、法律上ではグレーゾーンでの営業が行われているため、法律に抵触しているケースがあります。ただし、近年問題となっている偽装質屋との取引については、利用者が被害者及び加害者となるため、利用前に実態を把握することが必要となります。

買取方式のクレジットカード現金化って安全にできるの?

クレジットカードのショッピング枠を現金へと換金する方法の一つである買取方式は、その名のとおりカード決済した商品を売りに出して現金に手にする方法です。業者を通さずに個人で行うこともできる手段ですが、気をつけなければカード会社に現金化が発覚してしまう危険性もあるので注意が必要になります。
ただし、気を付ける点を覚えておけば安全に現金化することは可能で、実際に多くのかたが利用している方法です。

キャッシュバック方式よりもお得なところ

キャッシュバック方式のメリットは現金化までのスピードで、早ければ申し込みから数十分で現金を振り込んでもらえるのがメリットですが、その分換金率が低い傾向にあります。特に急いで現金を手にしなくても問題ない場合には、現金化までに手間がかかっても換金率の高い買取方式がお得です。
業者を利用するのであれば、WEBから申し込みをして換金するアイテムを選んでカード支払いで購入し、一旦自宅に届いたものを送り返すことで現金を振り込んでもらうことになります。しかし、自身で換金率の高いブランド品や金券をカードで購入してそれをショップに売りに出せば95%以上、時には100%を超える現金が返ってくることも少なくありません。
下調べこそ必要になりますが、自分の腕次第でお得な現金化が可能になるのが買取方式です。

買取方式で注意しておきたい点

元々、現金化を目的としたクレジットカードの利用カード規約に違反しています。そのため、換金率の高いものばかり購入していると現金化を疑われやすいため、カード会社にバレてしまわないように充分に配慮が必要です。
業者が行っている買取方式の場合は、カード会社に怪しまれないようにさまざまな商品が売られていますので、明細にもいろいろな商品購入履歴が並びます。しかし、個人で買取方式の現金化を行っている場合にはそうはいきません。金券や貴金属ばかり何度も購入しているとカードの利用目的を疑われてしまいますので、あまり頻繁に現金化するのには向いていない方法ではあります。
ただ、基本的にカードを使って何を購入するかは個人の自由です。怪しまれない範囲内の使いかたであればカードが利用停止になってしまうこともほとんどありません。

捕まる心配はないのも安心

購入した商品をどう扱うかは、所有権のある人が決められます。現金化行為はあくまでもカード会社の規約違反になるだけで法律的には問題はなく、バレてしまっても捕まることがないので安心してください。実際にこれまで逮捕者も出ていません。
少しでもお得に換金したいというかたに適した手段ですので、現金化を疑われない頻度で行っていきましょう。

どんな基準でクレジットカード現金化業者を選ぶ?知って得する安全な業者の選び方。

クレジットカード現金化をした事がない方は、どんな基準でクレジットカード現金化業者を選べばいいかわからないのではないでしょうか。安全なクレジットカード現金化業者を選ぶ基準についてお話しします。

クレジットカード現金化を選択する時に重要なのは、換金率にこだわりすぎない事です。相見積もりをして少しでもリーズナブルな換金率を提示する業者を見つけても、その業者が詐欺業者であったら何の意味もありません。寧ろ、詐欺業者の方がホームページで高換金を謳うことが出来ますので、換金率が高い=詐欺業者に遭遇する確率が高いといった泥沼に嵌る可能性があります。

次に重要なのは、ネットの口コミや優良ランキングサイトのいい情報を信じすぎない事です。ネットの口コミは業者が書いている可能性もあり、優良ランキングサイトはアフェリエイトのバック順に業者が並んでいます。詐欺業者の方が広告にかけれるお金は増えますので、いい情報よりも匿名掲示板に書かれている様な悪い情報を業者探し選びをする際の基準にして下さい。

最後に手数料込みの換金率をハッキリと言わない、本人確認をしてからでないと言わないと言った業者も敬遠して下さい。ネットでどの様ないい評価をされていても、ハッキリと言わないという事は後々のトラブルを起こすケースがあります。特に本人確認をした後は、お金を振り込まない、振り込んでも相場と大きく違う、住所が知られているなどで泣き寝入りしてしまいかねません。ハッキリと手数料込みの換金率を言うことを最低限の基準として下さい。

総合的には、業歴が長く、悪い噂が書かれていない、手数料込みの換金率をハッキリと言う、どんな商品をいつ送るのか、送られたらどうするのか、キャンセルは出来るのかなどをちゃんと応えれる業者は信頼できる業者の基準と言えます。いいクレジットカード現金化業者を選ぶ事はちゃんと見基準を知っていれば意外に簡単ですので、是非いい業者を探し出してリピーターになって快適な生活を送ってください。

クレジットカード現金化をどんな基準で選べば良いか知りたい!

ずさんな経営している会社があれば真面目に営業している会社もあるように、クレジットカード現金化に限らずその差は提供するサービスの質によく現れます。現金化業者も同じで自分の利益ばかり追求する悪質業者がいれば、ユーザーの立場に立った優良店も存在します。では業者の良し悪しはどんな基準を用いて考えれば良いのでしょうか。
・自社ホームページの作り
・低過ぎず高過ぎない安定した換金率
・必要な手数料の明確さ
・手続きの分かり易さ
・創業年数や実績の記載はあるか
・現金化方法が安全であるか
・会社概要がしっかり明記されているか
などが現金化業者を選ぶとなります。ホームページをそんなに気にしていない人も多いですがここにこそ会社の本質がよく現れます。特に何か月も情報を更新していない業者は非常に危険ですのでご注意下さい。こうして絞り込んだ数社に現金化の相談をし接客や換金率を比較した後に利用する業者を決定するのが最善の策と言えるでしょう。また申込みの際に対応や手続きに気になる点があった場合にはキャンセルをお勧めします。

100%完璧で理想的な優良店というのは正直存在しません。車や家を買う時と同じように現金化もどこかで妥協をする必要があります。しかし人には絶対これだけは譲れないポイントというものがあるため、自分の中で「これは妥協しても良い」そんなポイントを決めておく事が大切です。

もちろん妥協ばかりして悪質業者に騙される結果になってはいけませんが、例えば即日対応や換金率80%以上など一定の基準を定めておくとより自分に最適な業者を見つけやすくなりますよ。

家計の効率化に手ごたえありのクレジットカード現金化!リスクはないの?

家計の効率化に手ごたえありだと主婦の間で評判のクレジットカード現金化ですがメリットが多い反面デメリットも存在します。現金化は違法行為ではありませんがカード会社の利用規約で禁止されているためバレてしまうと何らかのペナルティが発生します。

カード会社によって異なりますがクレジットカードの利用停止もしくははく奪、更には利用金額の一括返済を要求される事もあります。国際ブランドであるJCB・アメックスカードは特に現金化に厳しく、正確な利用停止期間を設けておらず利用期限まで使えなくなるケースも少なくありません。しかも利用金額の一括返済を要求されるので高額利用している方は特にご注意下さい。一方VISA・マスターカードはここまで厳しくなくて7~10日間カードが使えなくなる事が多いです。

利用停止やはく奪されてもちょっと不便なだけじゃない?って思うかもしれませんが信用情報機関にカード事故情報としてしっかりと残されます。そのため車や家を購入したいと考えている方はローン審査が非常に厳しくなるのでカード事故を起こした事の無い実績のある業者を選んで下さい。

不安になるような事を書きましたがしっかり運営している業者を選べばカード事故のリスクはかなり低く、安全に利用するためにもこういったリスクがある事を知るのは重要なので覚えていて下さいね。

お金に困っている人には貸さない時代に!手ごたえありのクレジットカード現金化

てごたえありの借入方法をお金に困りがちな人は探しているんじゃ無いでしょうか。てごたえありの借入方法と聞いて、消費者金融を思い浮かべたそこのあなた考えが甘い、甘過ぎです。

なぜ消費者金融が役に立たないか説明しましょう。例えばキャッシングで50万円借りたいと思って貴方が消費者金融に申し込んで消費者金融は勇気を振り絞りリスクを承知で貴方に融資したとします。とします。金利は18%です。ではお金に困りがちなあなたが返済を滞納してしまった場合の延滞金利はいくらになるでしょうか?
答えは最大20%です。利息制限法の変更で延滞したって金利を思いっきり多く取る事は認められなくなってるんですよ現代は。

つまりお金に困りがちな貴方が消費者金融に申し込んだからって、彼等にしてみたら延滞しそうだし、延滞しても利鞘は2%しか変わらない(月833円)し、それならお金に困ってない人が来るまで見送ろうと考えるのは当然の事です。これだと手ごたえありの借入方法には程遠いのはどんな借入の素人でも理解できるんじゃないでしょうか。
このお金に困っている人には決して貸さない現代で、手ごたえありの借入方法はクレジットカード現金化以外ありません。
クレジットカード現金化が何故手ごたえありの借入方法かというと、クレジットカードさえ生きていれば借り入れる事ができるからです。
更にリボ払いの金利は15%位が主流ですから、消費者金融より金利差があるので支払い期間が長期化すれば経済利益が逆転します。
審査も無しで経済的利益も高いクレジットカード現金化、これを手ごたえありと言えないなら何を手ごたえありと言えるのでしょう。

お金に困った時、手ごたえありの借入方法を探している皆さん、是非クレジットカード現金化を試すといいでしょう。
手ごたえがあり過ぎて癖になる事間違いなしです。

マジ手ごたえありのクレジットカード現金化クチコミ

衣里子さん
40代でゴルフ場でキャディーとして働いています。離婚をして子供がいないので、生活費だけ稼いだらいいのですが、キャディーの仕事はいつも仕事がある訳ではありません。仕事が少ない月のやりくりをするためにクレジットカードの現金化を利用しました。これなら好きなときに利用できるので助かっています。

大吾さん
33歳で自営業をしています。喫茶店を経営しているのですが、正直かなり厳しい状態です。銀行から借金できないため、思い切ってクレジットカードの現金化に手を出してみました。すると、考えていたよりもホワイトなので、これなら継続して利用できそうです。売り上げに困ったらまた利用しようと思います。

俊明さん
23歳でバンド活動をしている男です。バンドの先輩にギターを買わないかと言われました。そのギターは前から欲しかったので、何とか手に入れたかったのですが、値段が10万円でした。10万円をすぐに用意するならクレジットカードの現金化が手っ取り早いと思いましたので、利用しました。そのおかげでギターを買うことができたので満足しています。

クレジットカード現金化の流れと意味について

サイトマップ