クレジットカード現金化を利用するのは犯罪行為になるの?

クレジットカードの現金化については合法か違法か、疑問を持っているかたは少なくありません。実際現金化業者が摘発されたこともニュースになっていることから、利用していることが発覚すると捕まるのではと恐れているかたも少なくないでしょう。
しかし、実際には「現金化を行った」というだけで逮捕された業者も利用者も今までいません。だからこそあちらこちらで現金化業者の広告を見かけますし、今もなお多くの利用者がいるのです。

法律上は問題のない現金化の仕組み

現金化の仕組み自体はとても身近なものです。キャッシュバック方式と買取方式の2つの種類があり、キャッシュバック方式は携帯ショップや家電店でもよく見られる、商品を購入したお客に特典として現金をバックするという方法になります。景品表示法のもれなく型という法律内で行われるもので違法にはなりません。もう一つの買取方式も購入した商品を古物営業法に則って買取を行うもので、クレジットカードで買購入したものを買取に出して現金を受け取るという方法で行います。不用品の買取は一般的に行われているものですから、こちらも法律的には問題のないものです。

現金化を規制する法律はない

クレジットカード現金化行為自体に法的な規制は存在していません。以前業者が逮捕されたというものも、還元率の低さから出資法違反や貸金業法に違反したことなどが原因であり、現金化行為は問題になっていないのです。利用者に関してもクレジットカードを現金化したからといって違法性を問われる法律もありませんから、逮捕される可能性はないといえます。
ただし、クレジットカードを提供しているカード会社は、明確に現金化目的の利用を規約違反としています。そのため発覚した時点で利用停止、使用した分の一括支払などを請求されることになりますので気をつけなければなりません。
いずれにしても問われるのはあくまでもカード利用の規約違反のみであり、法律に反する行為にはならないのです。

優良業者を見つけて安全な取り引きを

法律的には問題ないとはいえ、できる限りトラブルなく安心して取り引きをしたいものです。実績のあるいわゆる優良とされている大手業者をなるべく選ぶようにしてください。長年営業してきた業者は法律に違反していないクリーンな営業を心がけていると判断できます。

どんな基準でクレジットカード現金化業者を選ぶ?TOPへ