クレジットカード現金化利用したことがカード会社に発覚してしまったら?

クレジットカードは審査に通過し、利用規約に同意した上で利用することができるようになります。そして、クレジットカードの現金化はその利用規約で明確に違反行為であることが示されていますので、発覚した場合には相応のペナルティを背負わなければなりません。
キャッシング枠がありますし、本来であればお金が必要なときにはこれを利用して借りるべきであり、ショッピング枠を使って現金に換えられてしまうと利用額を支払ってもらえない危険性が高まるからです。

現金化にクレジットカードは解約をしなければならない

通常、ショッピング枠を利用してどんなものを購入しても咎められることはありません。しかし、現金化でよく利用されているブランド品や貴金属などの換金率の高い商品に関しては、不自然に大量に買い付けていたり定期的に購入しているような形跡がある場合、カード会社が調査に乗り出すことがあります。そこで現金化している事実を認められれば、規約違反行為をしたということでカードを解約をしなければなりません。
昨今ではこうした現金化を見抜くためのシステムが向上してきており簡単に発覚しますから、特に買取方式で現金化する場合には購入商品に気をつける必要があります。

利用した額は一括返済しなければならない

現金化利用が発覚するとクレジットカードは強制解約させられてしまうため、これまで利用してきた額を一括返済しなければならなくなります。現金化利用した分だけではなく、当然普通にショッピングした分やキャッシングに利用した分も含めてです。分割支払いにしていたものも一括で返さなければならなくなりますから、負担はかなり大きなものになります。
発覚後にお金が返済できなくなるかたは少なくありませんが、規約違反行為は悪質だと判断されますので、いざ支払いが困難となり債務整理を考えても自己破産をすることができなくなります。借金を0にすることが不可能になりますので、くれぐれも注意をしてください。

法律違反ではないがリスクは大きい

現金化行為自体は法律に反していません。ですが、クレジットカードは本来同意した規約の範囲内で使用しなければなりません。現金化利用発覚後は相応の責任を負う覚悟をする必要があります。

どんな基準でクレジットカード現金化業者を選ぶ?TOPへ