債務整理をした後であってもクレジットカード現金化をすることはできる?

借金の支払いを仕切れなくなった場合、残っている借入金額を少なくして再び返済計画を立てるのが債務整理です。クレジットカードを現金化したいと考えている人は、多くの場合手持ちの現金が足りなくて困っている状況に陥っていることでしょう。そんな人の中には債務整理をした後に現金化したいと考えているかたもいるはずです。
では、実際には可能なのか見ていきたいと思います。

クレジットカードを残した債務整理なら現金化も可能

一口に債務整理といってもその方法はさまざまです。裁判所を通さずに債務者と債権者とで示談を行う任意整理、簡易裁判所が介入する特定調停、さらに大幅な借金額の整理ができてなおかつ住宅ローンを残せる民事再生、どんなに整理を行っても借金の返済が困難だと判断された場合の最終手段となる自己破産です。
こうした債務整理は全ての借入先に対して行うものといったイメージがあるのですが、このうち任意整理と特定調停に関しては整理したい借金を選ぶことが可能です。そのため、クレジットカードを対象外にしておけば全ての機能をそのまま残せるので、ショッピング機能を使って現金化もできます。
ただし、債務整理を行ったことはカード会社に伝わりますので、その後カードの利用を停止されることもあるのを覚えておいてください。判断はカード会社に委ねられます。

現金化をした後にも債務整理はできるか

クレジットカード現金化後の債務整理も可能です。ただし、クレジットカードを使った借金を債務整理してしまうと、その後カードは利用できなくなってしまいます。また、債務整理は借金額を減らすことこそできますが、信用情報に傷がついてしまうことは避けられません。その後約5年間はいわゆるブラックリストに載ってしまうことになりますので、新規のカードも作れなくなります。
そして、自己破産の場合のみ免責が下りないこともありますので気をつけてください。借金返済のために現金化を行っているかたも多いでしょうが、いよいよ首が回らなくなってからいざ自己破産をしようと思ったときに、それすらできなくなってしまうという可能性もありますので注意してください。

債務整理の手段に気をつけよう

債務整理時にクレジットカードを対象外にできる手段であればその後も現金化利用ができます。ただし、自己破産を予定している場合には債務整理の前後どちらも利用しないほうが安全です。現金化の利用はくれぐれも計画的に、後悔をしないように行ってください。

どんな基準でクレジットカード現金化業者を選ぶ?TOPへ