悪質なクレジットカード現金化業者の手口と気を付ける点

クレジットカードの現金化を取り扱っている業者の中には、残念ながら不正行為を働いている悪質なところもあります。手口はさまざまですが、利用者が気がつきにくい方法で必要以上に現金を搾取するものばかりです。
あまり表面化しないのはクレジットカードの現金化自体がグレーゾーンであり、利用者も後ろめたい気持ちを抱えているからだといえます。しっかりと自衛して被害に遭わないように気をつけていかなければなりません。

詐欺行為には要注意

悪質な現金化業者は詐欺行為を働いているケースが目立ちます。たとえば、申し込み後のキャッシュバックの増額が可能だと誘いをかけて、処理のためだと一度現金化したお金を再び振り込ませて連絡が取れなくなってしまういわゆる振り込め詐欺などです。少しでも多くの現金を手にしたいと考えていて冷静な判断力を欠いた利用者を騙します。
また、本来であれば現金化に必要ない審査をでっち上げて審査料を取ったり、うちでは審査が通らないが他の業者を紹介すると紹介料を要求したりといった審査詐欺、現金化の際に保証金が必要だと手数料とは別途要求してくる保証金詐欺などの手口が多いです。
現金化の知識が浅い場合言われたままに支払いをしてしまいやすいので、甘い言葉には乗らないこと、要求された支払いは本当に正当なものか確認してからにすることが大切です。

手数料を必要以上に取られる

現金化の際には業者に手数料を支払わなければなりません。しかし、中にはこの手数料を不当に多く請求してくるところも存在します。
一般的に必要となるのは、現金化したお金を振り込むための振込手数料、買取方式の場合には商品送料、カード決済する際の手数料、それから消費税でそれ以外はかかりません。通常であればこれらの手数料を予め差し引いた上で換金率や振込合計金額を伝えられますので、その額に納得した上で取り引きを承諾すればそれ以上の手数料が取られることはないのです。
にもかかわらず、一括振込を行わずに分割されてそのたびに手数料を引かれた、取り引きに必要だからと後からあれこれ手数料を加え、承諾したはずの振り込み額から大幅にマイナスされるなどのトラブルがあります。泣き寝入りせずに、了承していない手数料が取られていたら業者に確認をしてください。

利用前に安全な業者を慎重に選ぼう

ネット上には現金化業者をまとめた比較サイトもありますので、実際に利用したかたの口コミを見て信用できる業者か判断をすることをおすすめします。評判のいいクリーンな業者を選ぶことが、トラブル回避のための第一歩です。

どんな基準でクレジットカード現金化業者を選ぶ?TOPへ