本人確認せずにクレジットカード現金化はできないの?

クレジットカード現金化は、カードを持ってさえいればどなたでも行うことができます。消費者金融からキャッシングをするのとは違い、専業主婦のかたやフリーターでも問題なく金策として利用することが可能です。ただし、手配が簡単にできる分、カード名義人本人しか取り引きできないように対策しなければ非常に危険です。そのために優良業者の本人確認は徹底されており、確認が取れなければ現金化することはできないようになっています。

書類として認められるもの

現金化しようとしているクレジットカードが本人名義のものであるか確認をするため、身分を証明することができる書類を提出する必要があります。WEBからの申し込みの場合で多いのは、携帯電話のカメラ機能を使って業者から指定された証明画像を送るという方法です。証明するものとして認められるのは免許証やパスポートなどの写真のついたもの、契約者の住所と氏名が確認できる公的郵便物などになります。
一見現金化までは手間がかかってしまう印象ですが、トラブル回避のためにも本人確認ができない相手との取り引きを控えるのは業者としては当然のことです。

身分証明しても現金化できない場合もある

基本的には身分証明さえできれば現金化はどなたでも可能です。しかし、中には本人確認ができても取り引きを断られてしまったという話も聞かれます。残念ながら現金化業者の中には個人情報のみを収集するという悪質業者もありますので、くれぐれも取引先の選定には注意をしてください。
もう一つ、本人確認した現金化業者が利用者に何らかの不審感を抱いた場合にも、取り引きを断られることがあります。特に、初めて取り引きをする人は警戒視していますし、気になる点を見つけた場合には安全策を取ろうとします。思い当たる点がないのに断られてしまったという場合には、その業者とは縁がなかったということで他の業者に申し込みをしたほうが賢明です。

安心して個人情報を渡せる業者を選ぼう

安全に現金化するためには、必ず本人確認が必要になります。個人情報を渡しても問題ないと判断できる業者を選んで取り引きをするようにしてください。
ただし、クレジットカードの情報に関してはいかなる場合でも現金化の手続きには一切不要です。尋ねてくる業者とは契約しないようにしましょう。

どんな基準でクレジットカード現金化業者を選ぶ?TOPへ